As Slow As Possible




異色のパイプオルガン曲コンサート、終演は「636年後」

ドイツ北部ハルバーシュタット市の教会で、2001年に始まった米作曲家、故ジョン・ケージ氏(1912?92)のパイプオルガン曲「Organ2/ASLSP(as slow as possible)」(2つのオルガン・出来るだけゆっくり)の「数世紀」に及ぶ異色コンサートで今月5日、03年2月以来の「沈黙」を破り、2回目の「音」が奏でられた。

またジョンケージだ。やるなあ。

関連記事
音の記述/楽譜

Facebook Comments
Twitter Comments