メディアリテラシー




総務省「テレビの見方」教材第2弾 番組の舞台裏明かす

総務省は28日から、小学生がテレビの見方を学ぶためのビデオ教材や指導書の貸し出しを始める。虚構と現実の違いを見分ける力を養い、暴力シーンをまねた少年犯罪の防止などに役立てるのが狙い。

やばい!見てみたいかも...メディアリテラシーっていうのは、いわゆる「嘘を嘘と見抜く」という事。どっかの掲示板でもよく言われてる事ですが、本当に「嘘を嘘と見抜け/かない人」が一番マズいわけです。

Facebook Comments
Twitter Comments